レーザー脱毛は医療機関でやった方がいい?

効果が高い脱毛施術として知られているクリニックでの医療レーザー脱毛です。
脱毛はエステなどのサロンでもできますが、「レーザー脱毛」は医療行為なので、医療機関でしか受けることができません。
クリニックで使用されているレーザー脱毛マシンと、サロンなどで使用されている脱毛マシンでは照射出力に差があり、クリニックは高い出力でレーザー照射できますが、エステサロンでは医療行為にあたらないよう法律に決まった出力でのレーザー照射になります。

影響の大きいマシンだからこそ、高い出力でのレーザー照射は医療ができるクリニックでの施術しか認可されていないのです。
以下では、さらにレーザー機器について解説していきます。
エステの脱毛は美顔器を使用していることが多いのですが、クリニックで使用するのは、医療用レーザー機器です。
エステやサロンでは取り扱えない、医療機関のみでの使用が許されている機器は出力・効果ともに高いのが特徴です。
法律上、エステサロンでは「長期的効果のある脱毛」は行なってはいけないと決められています。

過去に、照射パワーの強い違法なエステサロン用光脱毛機器を使用していたエステサロンとメーカーが摘発された結果、今はエステサロンでは、低出力の光脱毛機種のみを使用しています。
レーザー脱毛は効果の高い脱毛施術ですので、その分、肌への影響も大きいといえます。肌への影響が大きいと聞くと、肌が弱い方はちょっと不安ではないでしょうか。
しかし、クリニックは専門的な知識をもったドクターの指示・管理のもとで施術を行なうので、もし何かトラブルが起きたときなど、必要であれば抗生物質・鎮痛剤などの薬品の使用も可能で、万一の場合にも速やかに対応できます。

クリニックですから、痛みが我慢できないときは、苦痛緩和のために麻酔の使用も可能です。麻酔は医療機関だけが使えるものです。
痛みに敏感な方でも安心して施術を受けることができるのは医療機関ならではのメリットです。
最近では、医療脱毛が安いクリニックも増えてきていますので、料金面でも以前よりもずっと身近な存在になってきています。