ニードル脱毛法

脱毛を語るにはまず今となっては古典的な脱毛法になってしまったニードル脱毛法を語る必要があります。脱毛というとそれまでは毛を剃るもしくは抜くというのが主流でした。しかし、剃っても抜いても毛はまた生えてきます。

これは本当の脱毛とはいえません。脱毛で求めているのはむだ毛が生えてこなくなると言うもの。むだ毛が生えないようにするためには毛根をしっかりと焼ききる必要があります。つまり、毛が生えてくる元を絶つのですね。どうやって生える元をなくすのか?そこで考え出されたのがニードル脱毛法なのです。原理は簡単で、毛根を電気の力で焼き切ってしまえばもう毛は生えてこないよねということ。そこでどうやって焼き切るか、電気を伝えるかということで毛穴にニードルつまりハリを差し込み電気を流し毛を生やす組織を焼き切るようにしたのです。これが永久脱毛の始まりでした。焼き切れば毛二度と毛が生えてくることはありません。しかし、ニードル脱毛法は非常に手間のかかる脱毛法です。毛穴一つ一つにアプローチしなければならないからです。そして、毛穴にダイレクトに電気を流すため非常に痛みが強いという特徴があります。今でもニードル脱毛を行っている所はありますが、ニードル脱毛より手軽で早いレーザー脱毛に変わってきています。
ジョモリーを格安購入するには?