脇毛を抜いたら埋没毛になった理由

テレビを見ながら脇毛を抜くのが日課の私。ある日さりげない話の中で会社の同僚に言ったら

脇毛を抜いたらダメだよと言われたんです。

「え、何で??」

私は疑問でした。特に痛い事もないし脇毛は無くしてツルツルのワキにしたいから暇つぶしをかねてやってたことなんだけど、そのときの彼女の言うことを聞いておけばよかったと後に後悔するんです。

 

数週間後に発覚したのが、埋没毛になってしまっていたという。

埋没毛は見た目が黒いプツプツになってて、毛が外に出ないで肌の中に埋もれてる状態です。

毛抜きでキレイに抜いたはずなのに!?とビックリでしたが、毛穴が開いたままホコリやバイ菌が入ったせいなのか小さな炎症が起きて小さなカサブタもできて肌をふさいでしまったみたいです。

無理にほじろうと思ってもそれは凄く痛い・・・

それにとても危険な行為みたいで、散々調べた結果、時間が解決してくれました。

というか忘れていたんです。

皮膚科とか言ったほうがいいかなと思ったけど、いつの間にか治っていた。だけどその間はずっと脇毛があるよりはマシ程度に黒ずんでました。

毛抜きによる腫れの原因と対策【最新版】