20年前の足脱毛の体験から

脱毛サロンという場所に行ってみたいようなそうじゃないような、何とも複雑な思いがあります。
それは20数年前に大手のエステサロンで足の脱毛施術を受けてから、脱毛ということに関して少々臆病になったからです。

その当時の脱毛方法の主流はまだニードル脱毛施術でした。
たぶん大手のエステサロンで光脱毛が出ていなかったと思うので、まだ光脱毛はどこも行っていなかったと記憶しています。
脱毛専門サロンなどと言う場所もなく、エステサロンが脱毛を請け負っている時代でした。

脱毛料金もいまのように格安傾向じゃなく、かなり高かったので若い女性には脱毛することが難しかったと思います。
部分的に脱毛するだけでも数十万円という、今では信じられないような価格だったのです。
脱毛するためのチケットを何十枚も買わされて、ニードルで脱毛される痛みに歯をくいしばって耐えて、もはやそこは我慢をしに行く場所であって、エステサロン内なのに安らぎ感は一切感じませんでした。

今の脱毛方法はとっても恵まれています。
痛くない・早い・安いと三拍子そろってしまっているのですから…。

なかなか手が出せずにいた全身脱毛ですが、全身脱毛なら、エタラビが良いという評判を聞いて、今度行ってみようかな、と思っています