顔の脱毛方法

顔脱毛にはさまざまな脱毛方法があります。

例えば、脱毛クリームを使う場合は、体毛の成分であるケラチンをクリーム状の液で毛を溶かすことで行います。脱毛クリームを使うと、痛みを感じることなく短時間で顔の脱毛ができます。カミソリで剃った時のようにチクチクした手触りもありません。再びうぶ毛が生えてきても自然な感じです。

脱毛クリームを使った顔脱毛で注意したいことは、皮膚の表面にある角質層の部分もうぶ毛と一緒に溶かしてしまう危険性があることです。顔脱毛後の柔らかでツルツルした顔の表面の感触は、実は皮膚が溶けて滑らかに感じているのです。結果、脱毛クリームを使った顔脱毛は皮膚への刺激が強く、リスクが大きいということになります。

顔脱毛にはフェイスパックという方法もあります。フェイスパックは粘着成分のある液を肌にピッタリつけることによって肌に吸着させ、そのパックをはがす時に黒ずんだ角質やお肌の汚れと一緒にうぶ毛やむだ毛も抜いてしまうという方法です。顔脱毛と一緒に古い角質除去もできるので、とても便利な方法に感じますが、パックの塗りむらなどで思うように脱毛できない場合もあります。

他の顔脱毛の方法として、脱毛テープや毛抜きがあります。抜きたい部分のむだ毛を確実に抜くことができますが、肌への負担も高いです。肌が柔らかく毛穴が開いている状態で行い、アフターケアをきちんとする必要があります。

私はワキや腕、足の脱毛はミュゼ 八王子でやっています。顔脱毛はどうしても自己処理になってしまうのですが、どの方法も一長一短がありますね。

最近は、顔脱毛の道具として台湾式のコイルを利用したエピスティックと呼ばれる毛抜きも販売されています。手軽でどこでも使えるので、人気があるようです。